2016/11/10 18:04:10 |
通常、借金返済に困って債務整理を進めると、信用情報機関に事故情報の記録がされる大きなデメリットが生じます。これは自身で借金整理を進めるにしても弁護士に依頼をするにしても同様で、どちらにしても債務整理は行うと信用情報機関にネガティブな情報を残すこととなります。正確には債務整理をしたからと言ってネガティブな情報が残るわけではなく、債務整理を進める際に一定期間は返済をストップするために事故情報が記録されるといった形です。返済の計画を練り直すとしてもその間は支払いをストップするため、長期に渡る返済の遅れや保証会社による弁済が発生することでネガティブとされる事故情報が残るのです。事故情報が残ると一定期間...
2016/11/10 18:04:10 |
ギャンブルが原因で借金を重ねてしまう方は依然として多く、特にパチンコが原因となる多重債務者は非常に多いです。弁護士に相談をする借金を抱える方もパチンコが原因の多重債務である場合が多く、自己破産ができないギャンブルが原因の借金で悩んでいる方は多いのです。たしかにギャンブルなどの浪費が原因となる借金では自己破産ができませんが、自己破産ができないだけで他の借金整理であれば対応が可能となります。代表的なのが任意整理で、債権者との話し合いになる借金整理の任意整理であればギャンブルが原因の借金でも解決が可能です。ただ、任意整理は自己破産とは異なり、その場で借金がなくなるわけではありません。減額して利息も免...
2016/11/10 18:04:10 |
様々な依頼内容で相談を受けてくれる弁護士も、相談時は無料となっていても解決の依頼を進めるとなれば費用がかかります。弁護士もボランティアではなくあくまで商売としてやっているため、依頼をする際に費用がかかるのは当然と言えば当然です。どの程度の費用がかかるかは相談内容や解決のための手続きにもよりますが、基本的に弁護士に依頼をする際の費用はそこまで安いものではありません。例えば借金整理の依頼にしても債権者1件あたりいくらなどと決められているため、相談時には多くの借り入れ先を抱えていることが多いために弁護士費用もかさみます。ただ、かかる費用に対する効果は非常に大きいです。弁護士に借金解決の依頼をすれば、...
2016/11/10 18:04:10 |
本来、借金はしっかりと返済をしなければなりませんが、借金の内容によっては返済の必要が無い場合もあります。例えば今までに利息を払いすぎている場合や、支払いの必要が無いとされる違法な契約によって結ばれた借金の場合です。利息を払いすぎているのは過払いと呼ばれる状態で、過去にあったグレーゾーン金利での借り入れを長期に渡って利用していた方は、本来支払うべきではない利息を支払っていることになるため、払いすぎた利息分が借りたお金以上となっていれば借金の返済の必要はなくなります。また、違法な契約での借金に関しても支払いの必要はありません。正規業者からの借り入れとなるとほとんど違法性はありませんが、闇金融などか...
2016/11/10 18:04:10 |
交通事故の被害に遭ってしまった方が弁護士に相談をする機会をが増えてきており、最近では示談交渉を交通事故問題に強い弁護士に依頼をする方も多くなっています。弁護士に相談をして示談の依頼を行うと、当初の提示されていた賠償額よりも多くの金額を獲得できる場合が多いため、被害者側が損をせずに済みます。被害者が当初の賠償額よりも多くの金額を得るのは何も得をしているのではなく、損をしていないだけです。弁護士が進める示談は何もお金をせびる行為ではなく、本来のあるべき賠償額を獲得するための話し合いです。賠償額は保険会社との示談で進める場合が多いですが、保険会社はお金をあまり支払いたくないと考えているため、当初の提...