借金の悩みも内容によっては支払いの必要が無い場合も

本来、借金はしっかりと返済をしなければなりませんが、借金の内容によっては返済の必要が無い場合もあります。例えば今までに利息を払いすぎている場合や、支払いの必要が無いとされる違法な契約によって結ばれた借金の場合です。

 

利息を払いすぎているのは過払いと呼ばれる状態で、過去にあったグレーゾーン金利での借り入れを長期に渡って利用していた方は、本来支払うべきではない利息を支払っていることになるため、払いすぎた利息分が借りたお金以上となっていれば借金の返済の必要はなくなります。

 

また、違法な契約での借金に関しても支払いの必要はありません。正規業者からの借り入れとなるとほとんど違法性はありませんが、闇金融などからの借り入れとなっている場合には、じつは1円たりとも支払いの必要が無いのです。

 

闇金融は契約書も交わさずに法外な金利での貸付となっているため、借金としての契約が無効となります。過去の判例でも闇金融からの借金は借りたお金すらも支払わなくてよいとされているため、弁護士や司法書士などの闇金融に対する専門家に相談をして解決の依頼をしてもらうと、闇金融へは余計な支払いをせずに解決ができる場合があります。

 

ただ、いくら闇金融に支払いの必要が無いとは言っても、自分自身で闇金融と話し合いをしてもうまくいきません。元々が違法なことを分かっている闇金融は支払いをしなければ取り立てを繰り返してくるので、それでは闇金の取り立てに負けてしまってお金を支払ってしまうことになります。

 

安全に安心して解決をするためにも、闇金融問題は弁護士などへの相談が必須となるのです。